[PR] 不動産担保ローン     ロッテほおずきチョコレートを語る
 

もうひとつのほおずきチョコレート☆

それでは、ロッテほおずきチョコレートに続き、またまたほおずきがらみのものをご紹介。
前回の記事の最後にも書いたけど、いま巷をにぎわしている?もう一つのほおずきチョコ、それがほおずきボンボン☆だ!



福岡の老舗菓子店・千鳥饅頭総本舗のチョコレート専門店「アナベル」で販売しているチョコレートのことで、生の食用ホオズキ・フィザリスをフォンダンと最高級チョコレートでコーティングしたボンボンのこと。
写真のように羽子板の羽根のような形をしていてかわいい☆

ほおずきといえば、子供のころにおばあちゃんの家に行くと食べさせられたなぁ。
味は全然おぼえてなくて、形がかわいいなぁみたいなことしか残ってない。
それがこんなオシャレなスイーツになるなんてね。
ロッテほおずきチョコレートはもう食べられないから、こっちで我慢しますか(笑)
ちょっと高いなぁ。

でも大人気だったせいか、なななんと、楽天から姿を消していた…ガチョーン↓↓
現在は、千鳥屋での販売は中止しているらしい。
もう食べれないの!?と思いきや、チョコレートファクトリーBRAHMSのプリンツで「ハロウィン」と名を変えて販売されてた。
いつか食べてみようっと。

posted by hoozukichoco at 12:11 | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほうずきチョコレートとは?

 先日、お菓子好きの友人(新作は必ずチェックするというしっかり者?ちなみに会社で仕事中にチョコを食べ過ぎて鼻血を垂らしながら仕事をしていたこともある・・・という無類のお菓子好き(汗))とお菓子談義に華を咲かせていたら、友人の口から聞きなれないチョコレートの名前が出てきたんですが…。
その名も「ほおずきチョコレート」。



1982年11月にロッテから発売されたもので、その名の通り、「ほおずき」の形をしたチョコレートのこと。
中は空洞で、チョコ?の玉が入っており、振るとコロコロと音がしたらしいです。
「えーっ!聞いたことも見たこともなーい!」と思って、ネット検索をしてみたら、ちゃんとあるある「ほおずきチョコレート」。
 残念ながら、私はその「ほおずきチョコレート」にお目にかかることはなかったー。
母にも聞いてみたが知らないとのことだった。
同じ時期に発売された「霧の浮舟」や「コアラのマーチ」は今も現役バリバリでがんばっているのに、なぜ「ほおずきチョコレート」は発売後すぐに姿を消してしまったんだろうね。
 
 ちなみに、ネットで「ほおずきチョコレート」を調べていたら、またまた変わったチョコレートに出会った。
もちろんその名も「ほおずきボンボン」!!
こっちも気になるー!


→こちらでスイーツチェック☆
posted by hoozukichoco at 11:37 | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。